忍者ブログ

アウトロウ改 オンラインゲーム
天上碑武林鯖派閥:め組の『アウトロウ』(引退済) ・ 信長の野望オンライン:め組の『アウトロウ改』
他には『NHK受信料問題』・『日本における外国人犯罪数調べ』・『 時事関係 』・『山菜・野草学』 などなどを独自に調べ上げたりしてます。
調査物は基本的にソースなどを貼り付けますので気になったからはさらなる調査をお願いします。

行者にんにくとスズラン(見分け方)

先に最大の注意点
検証しているのは『素人』です。
一応行者にんにく採りは7年目ですけどね・・・
専門機関等ではございませんので
事実と異なる場合がありえますので『参考程度』でお願いします。

ちなみに 行者にんにく の由来や取り方は ↓のリンクからどうぞ
 リンク:行者にんにく



実際に写真を撮ってみました。

問題:行者にんにく と すずらん ですがどちらがスズランでしょう~


って事で 今の時期ですとちょっと分かりやすい状態(育ちすぎ)
ですので簡単ですね…
左がスズラン  右が行者にんにく になります。


ではもう少し大きい画像にしてみます。

左:スズラン 右:行者にんにく   左:スズラン  右:行者にんにく

まぁ画像を大きくしても どっちがスズランか行者にんにくか分かるならば
もう見なくて良いと思いますが・・・w

ってことで 実質的な見分け方 にさっさと行ってみましょう。
葉で見分けることは 出来なくはないが相当難しいので 根っこ側に注目
してみましょう。
(というか本来なら葉がほとんどでてない物を取るため、葉で見分ける時点で
収穫には遅すぎる ってのもあります。)

実際に当人が見比べた時の所感です。
スズラン              行者にんにく
赤いハカマといわれる物がある   ①赤いハカマといわれる物がある
②根の上にある皮が縦線が多い    ②根の上にある皮が網目上の線が多い
※写真の赤丸部分こげ茶色の皮    ※写真の赤丸部分薄こげ茶色の皮
スズランの臭い          ③にんにくの臭い
④皮が剥きにくい          ④皮が剥きやすい
内部に薄皮がない         ⑤内部に薄皮がある
⑥根の太いのが何本かある      ⑥根は一定の太さ

※赤いハカマについて(色の濃さ)
画像のスズランの色は薄いが個体差である
濃いのもあれば、薄いのもある、逆に行者にんにくも然りである


ってことで 改めて 他の毒草を含めて 行者にんにくと見分ける方法は
赤いハカマがある(ない場合はイヌサフランバイケイソウ
②根の上にある茶色い皮が網目状になっている(違う場合はスズラン
③にんにくの臭いがある(ない場合はイヌサフランバイケイソウスズラン
④皮を剥いた時に薄皮がある
 ※イメージしやすいのは、たまねぎの半透明の薄皮や長ネギの半透明の薄皮

葉の違いもあるけど… 説明が非常に難しいので割愛(感覚要素が強い)


まぁこんなところではあるが どうしても『 不安だ 』
という場合は保健所に行き、鑑定してもらうこと

吐き気、嘔吐、手足のしびれ、呼吸困難、脱力感、めまい、痙攣、血圧低下など
が起きた場合はすぐに病院に行くこと、重症になれば死亡することもある



参考程度
スズランの毒性
コンバラトキシン・コンバラマリン・コンバロシドなど
花や根は特に濃縮されており、スズランをさした水を飲むと死ぬ とも言われてる
水の件は意外と文献資料が無いため不明部分が多いが
強心配糖体であることから、『嘔吐』・『頭痛』・『眩暈』の軽症
『心不全』・『血圧低下』・『心臓麻痺』の重症や死亡する可能性を鑑みるに
十分に死ぬ可能性はあるだろう と思われる。
(略すると 心臓に働きかける毒性が多い)

バイケイソウの毒性
プロトベラトリン・ジェルビン・シクロパミン・ベラトラミンなどのアルカロイド
熱分解しないことが有名で 例え 揚げても・茹でても毒性は消えない
『吐き気』・『嘔吐』・『手足のしびれ』・『呼吸困難』・『脱力感』
『めまい』・『痙攣』・『血圧低下』・『意識不明』 場合によっては死ぬ

イヌサフランの毒性
コルヒチンなどのアルカロイド
『嘔吐』・『下痢』・『皮膚の知覚減退』・『呼吸困難』

これも場合によっては死ぬ


Comment
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメントの修正には 『パスワード』 が必要です。任意の英数字を入力して下さい。
Clear